水素水ボトルの役割と種類

水素水は健康に良いとして多くの方が愛飲されています。しかし水素水は健康に良い効果を発揮する水素が、次第に抜けて行ってしまうという特徴があります。
従って、水素水を生成するサーバから注いで持ち歩く場合には、水素が出来るだけ抜けにくいものを選ぶ必要があるのです。

本記事では、水素が抜ける状況について説明し、その後に持ち歩く際に水素が抜けにくいボトルについて説明したいと思います。
水素水は、水素分子を水の中に溶かし込んで生成されたものであり、温度や圧力によってそのスピードは異なりますが、次第に抜けてしまいます。
炭酸飲料のシュワっとした感触を生み出している炭酸ガスが抜けて行くのと同じイメージです。そのため、生成サーバーからコップに注いで飲む場合には、出来るだけすぐに飲む事が肝要と言えます。
また生成サーバーからボトルに注いで持ち歩きたい場合にも、そのボトルは水素が抜けにくいものを選ぶ事が大切です。

一般的に水や飲料水はペットボトルの入れられていますが、水素水を注ぎ入れてきっちりとキャップを閉めても、キャップの隙間から水素は抜けてしまいます。
またペットボトル容器のプラスチックを水素は透過してしまうため、キャップ部以外からも水素は抜けてしまいます。

水素水が封入して市販されているアルミパウチは、水素を抜けにくくするために採用されている容器で、ボトルではありませんが、水素水生成サーバーから、同様のアルミパウチに入れて持ち歩けば、水素が抜けるのを軽減できます。しかしもちろんいつまでも水素濃度を保つことができると言う訳ではなく、飲用するまでの時間には注意が必要と言えます。

水素水を持ち歩くためのボトルとしては、アルミパウチと同様の金属のアルミを使用したものが多数市販されており、これが一般的となっています。
このアルミボトルはペットボトル等に比較して、容器の材質を透過して抜けて行く事を比較的抑える事が可能です。またキャップ部分も水素が抜けにくい工夫が各社によりなされていますが、それでも完全に閉じ込める事は出来ず、やはり徐々に水素が抜けて行くのは避けられません。

以上の様に、水素水の水素分子が抜けてしまう前に飲用する事が大切で、持ち歩く際にはアルミの専用ボトルに入れ、可能な限り早期に飲用する事で、水素を体内に取り込める事を十分に認識しておくことが重要です。